無料資料請求

がんの2015年問題

少子・高齢化社会にともない、懸念されているのが、いわゆる「がんの2015年問題」です。

これは関連のニュースを聞いたことがある方も多いと思いますが、つまり「2015年には、日本人の2人に1人が『がん』になり、3人に1人が『がん』が原因で死亡する」という、将来図のことです。

これは誇張されたコマーシャルプランなどではなく、現在の医療界の状況を見て、きわめて客観的に発表された、「高確率でそうなってしまうという事実の予測」なのです。

恐ろしげな書き方ではありますが、近年しばらく、死因のナンバーワンが「がん」である以上、一般の人たちにとっては、そう劇的に変化が起こるというわけではありません。

ただしやはり、高齢化する社会に伴って、がん患者がどんどん増えて行く、というのは用意に予測できることですから、これほどまでに「がん保険」が注目を集めているのでしょう。

人間は誰でも年をとり、誰でも病気にかかります。本人もそうですし、ご家族もそうです。

そうした自体を今から、真剣に予測しておいて、さまざま出ている「がん保険」のことを一度よく考えてみるのもいいのではないでしょうか。

がん保険は、多くの人にとって、大いに役に立つものなのです。

Copyright (C) がん保険ランキング. All Rights Reserved.